社宅制度を導入するためのイロハ

社宅の連帯保証人について

社宅の連帯保証人について

社宅における連帯保証人について、気になるポイントをまとめました。

連帯保証人が必要なケースにはどのようなものがあるのか、そして誰が連帯保証人になるのかなど参考になりそうな情報を紹介します。

連帯保証人が必要なケースとは

借上社宅として法人契約で賃貸住宅を契約するときに、連帯保証人が必要になるケースとはどんな場合でしょうか。
実は、連帯保証人が必要になるかどうかは契約する物件ごとに異なるようです。

借上社宅に連帯保証人が必要になるかどうか判断基準となるものには、以下のような項目が考えられます。

  • 設立年数
  • 上場or非上場
  • 資本金
  • 従業員数

不動産会社としても家のオーナーとしても、賃貸住宅を貸し出すということは家賃を回収できなくなるリスクを背負うことになります。
そのため、できるだけ信用できる相手にしか賃貸住宅を貸し出そうと思いません。
法人契約で賃貸住宅を借りる場合も同じで、できるだけ信用できる法人にしか物件を貸し出したいと思わないですよね。
その信用を確かめる指標となるのが、上記4項目です。
たとえば設立して1年や2年の会社であれば、経営が安定して事業も成長していたとしても、先の予測を立てられないので信用できるかどうか判断が難しくなります。

しかし、会社を設立して10年や20年経っている会社であればどうでしょうか。

それまでの実績をもとに経営が安定しているかどうかを確認できますし、おそらく今後の事業の安定性も視野に入れて信用してくれるでしょう。

ちなみに連帯保証人が必須の物件の場合、上場していようがしていまいが、法人であろうがなかろうが連帯保証人の印鑑証明書が必要になります。

誰が連帯保証人になるの?

では借上社宅は誰が連帯保証人になるのかというと、それは基本的にはその法人の代表取締役です。

そもそも連帯保証人とは、借り主が家賃を支払えなくなった時に借り主の代わりに家賃を支払う人のことです。

法人契約で賃貸住宅を借りるということは、会社が社員のための福利厚生や節税のために行っている取り組みです。

法人として家賃が支払えなくなった時のためにその部屋の使用人(社員)が連帯保証人として契約をするのは矛盾がありますよね。

支払い能力に関して、一社員よりも法人の代表の方が基本的には上であるため、代表取締役が連帯保証人になればその賃貸住宅の管理会社としても部屋を貸し出しやすくなりますが、会社によってはその部屋の使用人(社員)が連帯保証人として契約する場合が多いです。

株式会社タイセイ・ハウジーの公式サイトはこちら