社宅制度を導入するためのイロハ

賃貸住宅を法人契約するための審査基準とは

賃貸住宅を法人契約するための審査基準とは

社宅として賃貸住宅を法人契約するための審査基準には、どのようなものがあるのでしょうか?

福利厚生や節税対策のために社宅を設けようと考えている方のために、審査を通すためのポイントや必要となる書類などについてまとめてみました。

会社の規模

賃貸住宅を法人契約する審査基準の一つに、会社の規模が挙げられます。
会社の規模は以下の項目などを確認され、検討されます。

  • 事業年数
  • 従業員数
  • 資本金
  • 売上
  • 利益
  • 業態
  • 社会保険加入の有無
  • ホームページの有無

事業年数に関していうと、まだ事業を開始して間もない会社の場合であれば今後経営状況がどのように変化するのか分からないので、審査が通らないことがあります。
逆にある程度の年数で事業を継続して行っている会社であれば、その先の経営状況に関してもある程度は予測ができるので、審査が通りやすくなります。

その他、売上や利益なども当然審査の基準になり得ますし、どのような事業を行っているのかという業態に関しても、オーナーやマンションの管理会社によっては見てくるポイントになります。

必要な書類など

賃貸住宅を法人契約する場合に求められる書類には以下のようなものが挙げられます。

  • 2期分の決算書類
  • 代表者または入居者の収入証明書
  • 会社概要または事業内容が分かる資料など
  • 社会保険証などのコピー

本来であれば、それなりの成長性と安定性がある真っ当な事業を行うことで信用を得るのが最も理にかなっているのですが、オーナーやマンションの管理会社や物件によってはこれらが必ずしも必要になるとは限りませんので、どうしても賃貸住宅を法人契約したい場合には、できるだけ法人契約に理解のある管理会社の物件を探すようにしましょう。

審査を通すポイントとは

賃貸住宅の審査を法人の代表者や経営者が通過させるためには、以下のようなポイントが挙げられます。

  • 今期はある程度の所得を取るようにして、決算内容や申告内容は節税し過ぎない
  • 収入証明書や決算書類などの提出を求められない物件を選ぶ
  • 法人契約に理解のあるオーナーや管理会社を探す
  • 上場企業や公務員など安定した職業に就いている保証人を立てる

所得に関してですが、個人の場合は最低でも家賃の3倍なければ審査は通らないと思ってもよいでしょう。これは保証人の所得も同様です。
法人契約の場合、審査が落ちる理由としては赤字決算や売上の低さなどが考えられます。ある程度の売上と利益を確保できるようにならなければ、信用を得られないことがあります。

株式会社タイセイ・ハウジーの公式サイトはこちら